ゼニカルのジェネリック薬紹介|ガルシニアカンボジアエキスの関連情報

脂肪阻害剤として有名なゼニカルには、ジェネリックがあります。まず、ジェネリックとはどのようなものかご存じでしょうか?

ゼニカルのジェネリックには、オルリファストやフォビカル、オルリガル、ビーファットなどがあり、オルリファストは特に有名です。ゼニカルは処方してもらうと1錠500円前後となりますが、これらのジェネリックは100円未満で購入できます。ただし日本では販売されていないので、購入する際は個人輸入代行業者を利用しましょう。

日本でも近年普及してきましたが、現在の普及率は50%から60%程度と言われています。欧米は70%以上となっている事に比べると非常に低い数値です。薬には、先発薬と後発薬のジェネリックの2種類がありますが、まず最初に販売されるのが先発薬です。この先発薬は販売されてから20年程度特許によって守られ、他の製薬会社は同じ成分の薬を販売する事ができません。新薬の開発には莫大な費用と年月がかかりますので、この間に、先発薬を販売した会社は利益によってかかった費用を回収します。この制度がなければ新薬を開発しようという会社はなくなってしまうので、医薬品の発展には非常に大切な事です。

特許が切れた後に販売されるのがジェネリックです。開発には時間も費用もそれほどかからないので、安く販売する事ができます。効果や安全性などが心配な方が多いかもしれませんが、有効成分の種類・量、用法用量、効果効能は先発薬と同じでなければいけないという決まりがあります。逆に薬の形、色、味、添加物などは違ってもいいので、ジェネリックの方が飲みやすい形や色になっている事も多くあります。安全性についても国の厳しい審査をクリアしたものになります。ですので、先発薬とジェネリックは、ほぼ同じ薬だと言えます。ジェネリックは先発薬の2割から7割の価格で販売されているので、薬の価格を少しでも安くしたい方にはジェネリックがお勧めです。ゼニカルのジェネリックは100円未満!

ゼニカルの基礎知識ご紹介

・ゼニカルで痩せる効果・
ゼニカルとは、肥満症の治療にも処方される絶大な効果を持つダイエット医薬品です。米国食品医薬品局のFDAも承認している成分オーリスタットを配合しており、女性の間でも世界中で4,000万人以上の方がダイエットから体型維持のために愛用しています。主な働きとしては食事によって体内に取り込んだ脂肪分を、吸収せずに体外へと排出するというもので、一回の食事で30%もの脂肪分が便として体の外へと排泄されるため、無理な食事制限などは必要とせず、通常の食事でゼニカルを服用すれば徐々に理想の体型へと近づいていける画期的な仕組みとなっています。ゼニカルは日本でも人気の脂肪吸収阻害剤です。商品名がゼニカルで成分名がオルリスタットまたはオーリスタットと呼ばれます。食事で摂取した脂分を体内に吸収せず、そのまま体外へ排出させることが出来ます。スイスの製薬会社で開発され、アメリカではすでにダイエット薬として認可されていますが、日本ではまだ未認可です。病院で処方してもらうか個人輸入で入手することが出来ます。故意に消化不良の状態を作るようなものなので、副作用として下痢が起きますが、それ以外の重篤の副作用の心配はほとんどないとされ、安全性の高いダイエット薬と言われ人気を集めています。

ゼニカルの副作用
おならの増加、おならとともに便が出るなど、便にまつわるものがほとんどです。これらはだいたい飲み始めて3か月以内に起こります。だいたいは1週間、長いと4週間で軽減してきます。しかし、中には数か月にわたって続く場合もあります。予防法はありませんが、不意な排出に備えて、ゼニカルの使用をお勧めします。また、脂肪分の吸収が悪くなるとビタミンカロテンが不足すると言われます。毎日ゼニカルを飲むのであれば、薬局に売っているサプリメントで大丈夫ですので、補うようにしましょう。ゼニカルとは2時間以上あけて服用するのがポイントです。

ゼニカルの効果・効能・
「ゼニカル」はアメリカで開発された新な脂肪吸収阻害剤で、食事で摂取した脂肪を吸収せずにそのまま体外へ排出させるダイエット薬です。アメリカではすでに厳しい審査をパスして認可され、使用されていますが、残念ながら日本では未発売なので、保険適用外の自費診療扱いになっています。そもそも脂肪というものはデンプン・タンパク質と並ぶ三大栄養素の一つで、肝臓から分泌される胆汁のリパーゼという酵素によって分解され、腸から吸収されます。ゼニカルはこのリパーゼの働きをなくす効果を持っているのです。リパーゼが働かなければ、必然的に脂肪は分解されずに腸を素通りして便として排泄されます。ただしここで注意したいのが、ゼニカルは決して魔法の薬ではなく、この薬が作用するのはあくまでも新しく摂取した脂肪にのみと言う点です。デンプンやタンパク質、すでについている皮下脂肪や内臓脂肪には作用しません。また、脂肪に溶けて吸収される脂溶性ビタミンであるビタミンの4種類はどうしても不足してしまうので、ビタミン剤などで補う必要があります。

ゼニカルの使用体験談・
Aさん:画期的なゼニカルジェネリックを数日分入手して自分で試してみました。この薬は毎食後直ぐに服用することになっています。身長171センチ、体重64キロ、つまりBMIは21.9であり、血糖値も正常な私はこの治療薬の対象にはなりませんが、50%以上の人に現れる副作用である「下痢」が起きるのかを知りたかったので、数日間服用してみました。お刺身に白飯とかの食事ですと、別にお腹がグルグルなって下痢がとうい症状は起きませんでした。トンカツと添え物のキャベツにべったりマヨネーズを掛けて夕食を摂ったところ、食直後よりお腹がグルグルいいだして、トイレへ。余計な脂は体内に取り入れないように頑張ったよ!と薬はいっているように見えました。

Bさん:薬で痩せないという時代では今はありません。医学もそれなりに発展してきて実際に薬で痩身効果を得られる時代になってきました。個人的に試したもので一番副作用なく効果を感じられたのは「ゼニカルジェネリック」です。朝飲むようにしていましたが一度飲むと夕方まで空腹感を抑えられ、間食などもなくなります。海外系の強いものに比べると効果は弱く感じますが、副作用がなくダイエットに成功できたのは「ゼニカルジェネリック」だけでした。でも、一番健康的に痩せるのは運動に限ります。簡単に痩せる薬などはリバウンドがつきものです。
スリムマイクロスピードで2ヶ月で8kg痩せましたがやめて一ヵ月後には3kgリバしました。

Cさん:ゼニカルジェネリックを飲み出してちょうど二週間くらい経ってから、彼氏に「痩せたでしょ?また食べないダイエットしてるんじゃないの?絶対リバウンドするよ!」と言われました。いやいや、食事制限なんてしてないし!とゼニカルジェネリックを飲んでる事を話しました。彼氏も、サプリで本当に痩せれるなんて信じられない!!とか言ってたんですけど、結局一緒に飲む事に。今となって2人でゼニカルジェネリック飲んでて、食べても太らないし、目標体重もクリアしたんで本当に良かったです!

from:http://childrendesigning.org/

ダイエットの方法

1.ヨーグルトダイエット
ヨーグルトの特徴は、なんといっても牛乳に「乳酸菌」を加えた発酵食品であるということ。ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」は体にとって良い働きをする「善玉菌」と呼ばれ、乳糖などの糖類を栄養源にして酸を作り出し、これらの酸が腸を刺激することで便秘予防効果が期待できます。それよりもヨガはほかの有酸素運動にはない、ヨガ特有の効果に着目すべきです!体の歪み、姿勢の矯正、スタイルが良く見えるなどの効果があります。
2.食事は野菜から
お腹が空いていると、まず主食やメインのおかずに手を出してしまいがちです。でも、空腹時にいきなりカロリーの高いものを摂取すると太りやすくなっていまいます。まず初めに野菜類から食べ始め、汁物、副菜を食べてからご飯とメインのおかずに手を付けるようにしましょう。 自分で食事を用意できる場合は、先に野菜や副菜だけを準備してそれを食べ終えてからご飯とメインのおかずを用意するといいでしょう。
3.ジョギング
簡単にお金をかけないでダイエットできるのがジョギングの魅力です。とは言え、ジョギングダイエットも持続しなければ効果はでません。筋肉が鍛えられて新陳代謝が向上するまでには個人差がありますが、最低でも2ヶ月は必要です。新陳代謝が高まってくれば消費カロリーも多くなり体脂肪も落ちやすくなります。
4.すいみんダイエット
睡眠時間をやせる時間に変えるには、質のいい睡眠を確保することが必須。成長ホルモン」は主に睡眠中に分泌されるホルモンで、私たちの身体のダメージを修復し、回復する働きがあります。さらに筋肉など身体を作り、余分な脂肪を落とし、無理なく理想体重に近づけ、お肌の調子も整えます。

ガルシニアカンボジアを知っています?

ガルシニアカンボジアは、オトギリソウ科フクギ属の植物で果実は甘酸っぱい味がします。オトギリソウ科の植物としては、ハーブとして有名なセントジョーンズワートがあります。同じフクギ属のくだものとして有名なものがマンゴスチンです。風味はかんきつ類に似ていますがかんきつ類とはまた別の種類の果実です。古くからスパイスとして利用されるほか、インドの民間療法であるアーユルヴェーダでは胃潰瘍の薬と考えられている植物です。またガルシニアカンボジアは、脂肪の合成を妨げるとともに、脂肪の消費を促進させ、食欲を抑えるグリコーゲンを産出させることから、ダイエット効果がある果物として注目を浴びています。

ガルシニアカンボジアのメリットは、ストレスと肥満を解消できるところです。やけ食いやストレスによる食べ過ぎを防ぐ効果があるので、リバウンドの心配がありません。脂肪が体に蓄積されるのを防ぎ、脂肪を作り出すエンザイムにくっつくことで、脂肪を作るプロセスを止めてくれます。ガルシニアに含まれるヒドロキシクエン酸。肝臓のグリコーゲンの合成を促進する働きがあります。グリコーゲンは食欲を左右する物質です。ガルシニアを摂取することによってグリコーゲンの貯蓄量が増加し、血液中のブドウ糖の濃度が安定するため、ガルシニアには食欲を抑える効果があります。ヒドロキシクエン酸は、セロトニンを増やす働きがあるので、セロトニンの増加で気分が良くなります。活力も増えるので、運動するエネルギーも増加します。ガルシニアエキス入りの食材を摂取すると、運動持久力が高まるという結果が報告されています。

ガルシニアはこのHCAを有効成分としており、肥満抑制を標榜する食品素材として多くのダイエット食品やサプリメントに利用されています。効果的な飲み方は、食前30分前や運動前など、「事前に」飲むのがポイント。食前に飲むことで体内のグリコーゲンが生成され、食欲抑制効果に繋がりますし、運動前に飲むことで脂肪燃焼促進効果が飛躍的にアップするという研究結果が出ています。

ガルシニアの使用方法

ルシニアカンボジアというのは、小さな果実で、食欲を抑え、体重を減らす効果があります。ヒドロキシクエン酸を豊富に含んでいるのが特徴で、脂肪の合成を抑制して、肥満を解消します。消化を助け、食欲を抑えます。空腹感をなくし、減量を促進します。 コレステロールの合成を抑制して、脂質代謝を改善します。中性脂肪値を下げる作用があるので、心臓麻痺や心臓発作などの心臓病に、その作用があります。

ガルシニアカンボジアには、サプリメントとして錠剤や粒があります。ガルシニアエキスやHCA配合と表記されている場合もあります。ガルシニア・カンボジアのエキスだけでなく、クロミウムやトウガラシ,ギムネマ,ビタミンB類なども配合されているのが多いようです。
ガルシニアカンボジアの飲み方としては、食前に500mg程度を摂取するのが良いとされています。
ガルシニアは摂取の仕方も多様ですが、抽出成分を使ったお茶やコーヒーがブームの一端を担っています。元々はマンゴスチンの仲間ですので、甘酸っぱい酸味がありますが、それがアクセントとなって「美味しく飲めるダイエットティー」として女性にも人気があるようです。

有効成分のHCA(ヒドロキシクエン酸)は水溶性であるほうが効果を得やすいという研究結果もあり、お茶やコーヒーなどを食前に飲む習慣がある人には手軽で嬉しい手段ですよね。

効果的な飲み方は、食前30分前や運動前など、「事前に」飲むのがポイント。食前に飲むことで体内のグリコーゲンが生成され、食欲抑制効果に繋がりますし、運動前に飲むことで脂肪燃焼促進効果が飛躍的にアップするという研究結果が出ています。

ガルシニアカンボジアの効果

ガルシニアカンボジアは、オトギリソウ科フクギ属の植物で果実は甘酸っぱい味がします。
オトギリソウ科の植物としては、ハーブとして有名なセントジョーンズワートがあります。同じフクギ属のくだものとして有名なものがマンゴスチンです。風味 はかんきつ類に似ていますがかんきつ類とはまた別の種類の果実です。古くからスパイスとして利用されるほか、インドの民間療法であるアーユルヴェーダでは胃潰瘍の薬と考えられている植物です。

またガルシニアカンボジアは、脂肪の合成を妨げるとともに、脂肪の消費を促進させ、食欲を抑えるグリコーゲンを産出させることから、ダイエット効果がある果物として注目を浴びています。ガルシニアカンボジアのメリットは、ストレスと肥満を解消できるところです。やけ食いやストレスによる食べ過ぎを防ぐ効果があるので、リバウンドの心配がありません。脂肪が体に蓄積されるのを防ぎ、脂肪を作り出すエンザイムにくっつくことで、脂肪を作るプロセスを止めてくれます。ヒドロキシクエン酸は、セロトニンを増やす働きがあるので、セロトニンの増加で気分が良くなります。活力も増えるので、運動するエネルギーも増加します。ガルシニアエキス入りの食材を摂取すると、運動持久力が高まるという結果が報告されています。ガルシニアカンボジアのデメリットは、肥満やダイエット、食べ過ぎなどに効き目がありますが、薬のような効果はありません。一部では、ダイエット効果はないという研究報告もあります。また、定められた摂取量を大幅に超えると、副作用が起こす危険性があります。

ガルシニアカンボジアの副作用

ガルシニアカンボジア、基本的には副作用の心配はないと考えて大丈夫かと思います。
というのも、ガルシニアカンボジアのようなサプリメントは
医薬品ではありませんから副作用などのリスクは基本的にはありません。

しかし、気になる情報がありました。
ガルシニアカンボジアをウィキペディアで調べてみると

ラット試験において多量摂取による有害性が確認されており

ということが書かれているんです。

ラットで有害性があるからと言って、人間に必ずしも害があるとは断定できませんし、
あくまでも、「過剰摂取」による有害性です。

普通に飲む分においては危険性があるとは考えにくいです

やはり容量は守りましょう!

とはいえ、過剰摂取は体によくない
というのは心配ですよね。

必ず、サプリメントに書かれている1日の摂取の目安を守るようにしましょう。

ガルシニアカンボジの口コミ

ガルシニアカンボジアは、オトギリソウ科フクギ属の植物で果実は甘酸っぱい味がします。
オトギリソウ科の植物としては、ハーブとして有名なセントジョーンズワートがあります。同じフクギ属のくだものとして有名なものがマンゴスチンです。風味はかんきつ類に似ていますがかんきつ類とはまた別の種類の果実です。古くからスパイスとして利用されるほか、インドの民間療法であるアーユルヴェーダでは胃潰瘍の薬と考えられている植物です。

またガルシニアカンボジアは、脂肪の合成を妨げるとともに、脂肪の消費を促進させ、食欲を抑えるグリコーゲンを産出させることから、ダイエット効果がある果物として注目を浴びています。
ガルシニアカンボジの口コミ

30代女性

ガルシニアカンボジアですけど、海外のサプリのようですね。
だけど、効果については全く分かりません。
海外サプリの割に副作用もないのはありがたいです。
でも、ダイエット効果は少しくらいはあって欲しかったんです。
リピはしない事にしました。

20代女性

私の場合になるのですが、特にそのような効果は分かりませんでした。
パッケージから言ってバリバリの海外サプリなんですけど、効果は小さいと思いました。

海外サプリらくしない商品と言った感じです。

40代女性

疲れも取れますし、ぐっすり寝れるようになりました。体重も2キロ減出来ました。
サプリとエクササイズの組み合わせは、かなり相性が良いことが分かりました。