ゼニカルのジェネリック薬紹介|ガルシニアカンボジアエキスの関連情報

脂肪阻害剤として有名なゼニカルには、ジェネリックがあります。まず、ジェネリックとはどのようなものかご存じでしょうか?

ゼニカルのジェネリックには、オルリファストやフォビカル、オルリガル、ビーファットなどがあり、オルリファストは特に有名です。ゼニカルは処方してもらうと1錠500円前後となりますが、これらのジェネリックは100円未満で購入できます。ただし日本では販売されていないので、購入する際は個人輸入代行業者を利用しましょう。

日本でも近年普及してきましたが、現在の普及率は50%から60%程度と言われています。欧米は70%以上となっている事に比べると非常に低い数値です。薬には、先発薬と後発薬のジェネリックの2種類がありますが、まず最初に販売されるのが先発薬です。この先発薬は販売されてから20年程度特許によって守られ、他の製薬会社は同じ成分の薬を販売する事ができません。新薬の開発には莫大な費用と年月がかかりますので、この間に、先発薬を販売した会社は利益によってかかった費用を回収します。この制度がなければ新薬を開発しようという会社はなくなってしまうので、医薬品の発展には非常に大切な事です。

特許が切れた後に販売されるのがジェネリックです。開発には時間も費用もそれほどかからないので、安く販売する事ができます。効果や安全性などが心配な方が多いかもしれませんが、有効成分の種類・量、用法用量、効果効能は先発薬と同じでなければいけないという決まりがあります。逆に薬の形、色、味、添加物などは違ってもいいので、ジェネリックの方が飲みやすい形や色になっている事も多くあります。安全性についても国の厳しい審査をクリアしたものになります。ですので、先発薬とジェネリックは、ほぼ同じ薬だと言えます。ジェネリックは先発薬の2割から7割の価格で販売されているので、薬の価格を少しでも安くしたい方にはジェネリックがお勧めです。ゼニカルのジェネリックは100円未満!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です