ガルシニアカンボジアの効果

ガルシニアカンボジアは、オトギリソウ科フクギ属の植物で果実は甘酸っぱい味がします。
オトギリソウ科の植物としては、ハーブとして有名なセントジョーンズワートがあります。同じフクギ属のくだものとして有名なものがマンゴスチンです。風味 はかんきつ類に似ていますがかんきつ類とはまた別の種類の果実です。古くからスパイスとして利用されるほか、インドの民間療法であるアーユルヴェーダでは胃潰瘍の薬と考えられている植物です。

またガルシニアカンボジアは、脂肪の合成を妨げるとともに、脂肪の消費を促進させ、食欲を抑えるグリコーゲンを産出させることから、ダイエット効果がある果物として注目を浴びています。ガルシニアカンボジアのメリットは、ストレスと肥満を解消できるところです。やけ食いやストレスによる食べ過ぎを防ぐ効果があるので、リバウンドの心配がありません。脂肪が体に蓄積されるのを防ぎ、脂肪を作り出すエンザイムにくっつくことで、脂肪を作るプロセスを止めてくれます。ヒドロキシクエン酸は、セロトニンを増やす働きがあるので、セロトニンの増加で気分が良くなります。活力も増えるので、運動するエネルギーも増加します。ガルシニアエキス入りの食材を摂取すると、運動持久力が高まるという結果が報告されています。ガルシニアカンボジアのデメリットは、肥満やダイエット、食べ過ぎなどに効き目がありますが、薬のような効果はありません。一部では、ダイエット効果はないという研究報告もあります。また、定められた摂取量を大幅に超えると、副作用が起こす危険性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です