ガルシニアの使用方法

ルシニアカンボジアというのは、小さな果実で、食欲を抑え、体重を減らす効果があります。ヒドロキシクエン酸を豊富に含んでいるのが特徴で、脂肪の合成を抑制して、肥満を解消します。消化を助け、食欲を抑えます。空腹感をなくし、減量を促進します。 コレステロールの合成を抑制して、脂質代謝を改善します。中性脂肪値を下げる作用があるので、心臓麻痺や心臓発作などの心臓病に、その作用があります。

ガルシニアカンボジアには、サプリメントとして錠剤や粒があります。ガルシニアエキスやHCA配合と表記されている場合もあります。ガルシニア・カンボジアのエキスだけでなく、クロミウムやトウガラシ,ギムネマ,ビタミンB類なども配合されているのが多いようです。
ガルシニアカンボジアの飲み方としては、食前に500mg程度を摂取するのが良いとされています。
ガルシニアは摂取の仕方も多様ですが、抽出成分を使ったお茶やコーヒーがブームの一端を担っています。元々はマンゴスチンの仲間ですので、甘酸っぱい酸味がありますが、それがアクセントとなって「美味しく飲めるダイエットティー」として女性にも人気があるようです。

有効成分のHCA(ヒドロキシクエン酸)は水溶性であるほうが効果を得やすいという研究結果もあり、お茶やコーヒーなどを食前に飲む習慣がある人には手軽で嬉しい手段ですよね。

効果的な飲み方は、食前30分前や運動前など、「事前に」飲むのがポイント。食前に飲むことで体内のグリコーゲンが生成され、食欲抑制効果に繋がりますし、運動前に飲むことで脂肪燃焼促進効果が飛躍的にアップするという研究結果が出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です